読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VISION

今ある社会問題や構造について、学生の視点から意見を投げかけます。

アメリカの行く末

世界 政治

Fate U.S. Will Face

~アメリカはどこへ行くのか?~

 

f:id:grittydreamer:20161111182713p:plain

 

Two days ago, Donald Trump was elected at the 45th president of the United States. The unexpected result are transformed into a pervasive anxiety about the future. Judging from the number of votes obtained by Mrs. Clinton, which outscored that of Mr. Trump, millions of people are terribly shocked to hear the news. Among those are a lustrous singer in the U.S. like Miley Cyrus or Lady Gaga. Miley Cyrus said that she would leave the U.S. if Donald Trump won, reproaching him for ribald speech. After he won, Lady Gaga put up a board saying “Love Trumps Hate” in front of the Trump Tower, and expressed her animosity toward him. Words of disappointment will never be stopped.

一昨日、ドナルド・トランプ氏が第45代アメリカ大統領に選ばれた。就任は来年の一月だが、早くも世界には混乱が広がっている。一般の得票数ではクリントン氏が勝利していたことを考えると、この結果への憤りは甚大なものだと予想できる。中でも、洋楽で非常に有名なレディー・ガガマイリー・サイラスは不満をあらわにしている。マイリー・サイラスは選挙前から、トランプ氏が次期大統領に任命された場合、移住することを明言していた。レディー・ガガについては、選挙後トランプ・タワーの前で「愛は憎しみに勝つ」と書かれたプラカードを掲げ、選挙結果に納得のいかない様子を見せた。

 

Mr. Trump boasts of his first priority as U.S. and American. His policies are inconsistent and inscrutable in many fields, but this priority is coherent, which attracted advocates for protectionism or nativism. As a result, those people, especially the white, voted to Donald Trump and led him to win. His radical and emotional remark towards immigrants or globalization allured more people than it infuriated. Unfortunately, democracy is king in the society. The election will never be done again, so let us think about the future after he becomes the president.

トランプ氏は当初からアメリカ・ファーストを訴えていた。様々な点で、一貫性がなく筋が通らない彼の主張だが、その点についてはぶれていない。彼の掲げるアメリカ・アメリカ人第一主義が、保護貿易主義や先住民保護主義を支持する多くの白人を味方につけ、彼を次期大統領へと導いた。民主主義が絶対のこの時代、結果を悲観するよりもこれからの未来について考えたい。

 

f:id:grittydreamer:20161111182907p:plain

Roughly speaking, there is two dangers: economy and diplomacy. Mr. Trump hates globalization as if it hampered American prosperity, and panders to the lower paid and the white, who thought by themselves that their jobs are stolen by growing number of immigrants. Economically thinking, there is, however, no reason to denounce globalization, an efficacy of which is already proven by a research (quoted from The Economist on 29th Sep 2016): “A study of 40 countries found that the richest consumers would lose 28% of their purchasing power if cross-border trade ended; but those in the bottom tenth would lose 63%.” Shunning open economy means doing harm both consumers and workers, including the low paid and white people. Definitely, free trade accelerates competition and innovation by firms, which contributes to economic development that gets more people well-off.

大まかにいうと、彼の政策には2つの危険性がある。経済、そして外交分野である。トランプ氏はグローバル化をアメリカの繁栄を邪魔をするものだとして嫌悪している。これにより、移民によって仕事を奪われたと考えている低所得層の白人から票を獲得したわけであるが、経済的に考えればグローバル化は好ましいものである。英紙The Economist(2016年9月29日付)によると、自由貿易の排除により被る被害は、高所得者よりも低所得者の方が大きくなることが分かっている。皮肉にも、彼らは自らをより貧困に陥れる道を選択してしまったわけである。

 

f:id:grittydreamer:20161111183246p:plain

Another flaw is diplomatic policy. Mr. Trump underestimates the menace of China. China has built a fortress in South China Sea, aiming dominance over East Asia in military sense. Donald Trump’s attitude to it was insufficient to alarm China, and said “It is very far away. And they’re already built.” He does not intend to undertake a role of “Police of the World” in his tenure of office. China would go further in the control over Asia if nothing was done. Mr. Trump looks too steadfast only to America, which is also seen in his speech like U.S. First. America should be more aware of its threat, otherwise balance in the world will be demolished in the next decade. Additionally, he loathes Muslims or Mexican to exercise influence over United States, and mentioned rejection of accepting immigrants and withdraw from NAFTA, a pact of free trade in the North American countries. Whatever happens, the relationships around the U.S. will be worse, and it will fetter his diplomatic plan.

もう一つの不安面として外交が挙げられる。トランプ氏は中国の脅威を軽視しているからだ。中国はここ最近、南シナ海に滑走路をひくなどをして軍事的な物議を呼んだが、トランプ氏はこれに対し、「(中国は)とても遠い距離にあり、もう(滑走路は)造られてしまったのだから」とコメントし、中国への警戒心が小さいことを示している。アメリカが世界の警察をやめ、このまま中国を放置すれば、日本、そしてアジアが脅かされ、世界の均衡を崩すことにつながりかねない。加えて、トランプ氏はムスリムやメキシコといった移民に対して敵愾心をもっており、ムスリムの受け入れ拒否やメキシコの属する自由貿易協定NAFTAからの脱退にも言及していた。このような過度な純アメリカ人絶対主義は、外交はもちろん、様々な分野で裏目に出ることは目に見えている。

 

Economics hates a jingoist, but favours a cosmopolitan. This is true of diplomacy. Donald Trump should amend his plan for the better. Otherwise, a bad scenario would await him. He would face great challenge in the areas of economy, diplomacy and others. At the end, I would like to say one thing to him: “Don’t be too selfish, be magnanimous!” United States is one of the greatest countries in the world, so I think it can make it.

経済も外交も好戦的愛国主義者を嫌い、コスモポリタンを好む傾向にある。トランプ氏は自身の政策をもう一度見直す必要があるだろう。そうしなければ、危機的状況に直面するかもしれない。最後に、トランプ氏に一言申し上げたい。「あまり自己中心的にならず、寛大であってほしい。」と。アメリカは世界で最も偉大な国の一つであると信じている。きっと正しい道にたどり着くはずだ。

 

参考:The Economist on 29th Sep 2016 

www.economist.com